twitter facebook google
page top
子ども部屋
子供が独り立ちした時に考えたい3つの改修とは?   成長した子どもが独り立ちすると、家の中が急に広くなったように感じられるものです。家族構成が変わればライフスタイルも変わります。子供の独り立ちは、住まいを改修(リフォーム)する良いきっかけでもあるのです。いずれやってくる老後の暮らしに備...
こども部屋のために、和室を洋室に改修する方法とは   子ども部屋は和室(畳)でも問題ありませんが、畳は数年で交換が必要になりますし、ダニも棲みやすくアレルギーの心配が出てきます。また、飲み物をこぼしたときの対処も大変になってしまいます。 そこで、おもいきって洋室に改修(リフォーム)して...
子ども部屋の壁や床を改修するときのポイントは?   それまで大人が使っていた、納戸として使っていた・・・など、少し子ども部屋らしくない部屋も、壁材や床材を変更することにより、ずっと子ども部屋らしい雰囲気に変えることができます。   その際、子ども部屋だからこそ少し注意して欲しい...
こども部屋を分割する改修方法とは?   子どもも大きくなると、それぞれの部屋が必要になります。子どもたちの性別にもよりますが、はっきりとした「自分のスペース」があることで、リラックスできたり、自分の所有物を管理する訓練になったりと、大きなメリットもあるのです。 そのため、...
こども部屋の防音性を高める改修(リフォーム)方法とは?/窓の改修     子どもの成長により、それまでの子ども部屋が不便になったり、生活に適さなくなることもあります。子ども部屋を改修(リフォーム)するのはどのような方法があるのか、考えてみましょう。     【特に気を付けたい、子ども部...