twitter facebook google
page top
住宅の改修(リフォーム)とは
改修か、新築か、どちらがいいの?後編     『改修か、新築か、どちらがいいの?前編』では、改修(リフォーム)と新築を比較し、改修を行うことの利点と欠点をご紹介してきました。続いて、新築の利点と欠点について考えてみたいと思います。     【新築のメリット・...
改修か、新築か、どちらがいいの?前編   今の住まいに不安があって何とかしたい時、改修(リフォーム)するのと新築するのと、どちらがお得なのでしょうか?多くの人々が悩む問題です。前編・後編の2記事に渡ってお話したいと思います。     【改修のメリットは?】   ...
ライフスタイルの変化と住宅の改修は、どう考えるべき?   家は、建てた時そのままの姿で一生住み続けなければならないものではありません。そこに住まう家族のライフスタイルが変化するのに伴って、建物のあり方も当然変化してしかるべきです。 そこで、住む人のライフスタイルの変化と住宅の改修(リフォー...
どんな場合に住宅の改修を考えるべき?   どのような場合に、住宅の改修(リフォーム)を考える必要があるのでしょうか? 住宅の改修を行う理由の多くは、大きく分けて以下の3パターンがあります。     1. 建物の変化(老朽化、機器の不調など)   新品のころは立...
住宅の寿命は26年ってほんと?住宅の寿命と改修を考えよう/その3   さて、『住宅の寿命は26年ってほんと?住宅の寿命と改修を考えよう/その2』に続き、住宅の寿命を延ばすための手段が「改修(リフォーム)」であることをお伝えしたいと思います。     1.「改修(リフォーム)」が住宅の寿命を延ばすわ...
住宅の寿命は26年ってほんと?住宅の寿命と改修を考えよう/その2   『住宅の寿命は26年ってほんと?住宅の寿命と改修を考えよう/その1』でお話した通り、日本の住宅の寿命は26年であるという公的な試算があります。本来、住宅は「一生に一度の買い物」として考えられるべきもの。今あなたがお住まいの住宅が、本当に26年...
住宅の寿命は26年ってほんと?住宅の寿命と改修を考えよう/その1     日本の住宅の寿命は26年。あまりにも短く感じられますが、この数字は平成8年に国土交通省が試算したデータによる公的な数字です。ただし、もちろん多くの家のほとんどが26年で倒壊してしまう、というわけではありません。では、実際どういった...
「改修」を知ろう/「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?     「リフォーム」(改修)と似た言葉に、「リノベーション」という言葉があります。 何が違うのでしょうか?一般的な説明は次のようになります。     【リフォームとイノベーションの一般的な定義とは?】   「リ...
住宅の改修(リフォーム)とは   家族と自分自身とが、暮らしやすい住まいの形を求めて。 近年、多くの人々が住宅の「改修」(リフォーム)を行っています。そこに暮らす人々がより快適に過ごせるよう、目的に合せて住宅を変えるのです。     1.リフォームとは? &...