twitter facebook google
page top
インターネットで見ておきたい「リフォームの失敗例」とは?

リフォーム(改修)の失敗例はかなりたくさん存在します。というのも、「成功か・失敗か」を決めるのはリフォームをするあなた自身。満足度100%のリフォームとなると、なかなか難しいからです。

 

ですが、満足度とは関係なく、「これだけは避けたい」という失敗例があります。このコラムでは、「インターネットで詳しく調べておきたいリフォームの失敗例」についてご説明します。

 

 

【リフォーム業者との意思疎通がうまくいかなかった例】

 

「こちらはこういうふうに思っていたのに、実際できあがってみたら違うものだった・・・。」

このようなことは、リフォーム業者との意思疎通がうまくできなかった場合に起こります。見積もりや設計図/図面、それらに書き込まれたサイズ、他の施工例の写真など、具体的な仕上がりを確認できるものが必要です。

 

検索キーワード : リフォーム(あるいは改修) 業者 ギャップ/オーバートーク/設計ミス など

 

 

【工事の進行具合が予定通りにいかなかった例】

 

さまざまな要因から、予定通りにリフォームが進まないこともあります。よりプロフェッショナルなリフォーム業者であれば、あらゆるリスクを想定し、現実的な進行状態を予測できるはずですが、おおざっぱな業者、リスクの想定が甘い業者はどんどん予定を遅らせていくでしょう。進行が遅れる分、料金も増えてしまう場合があります。

 

検索キーワード : リフォーム(あるいは改修) 業者 予定 など

 

 

少しでも満足度100%に近づけるためには、リフォーム業者に任せきりではなく、ご自身もリフォームについて勉強し、どのような工事が行われるべきなのかを知ることも大切です。その知識が、リフォーム失敗のリスクを減らしてくれる大きなちからになってくれるはずです。