twitter facebook google
page top
一戸建てでできる改修・できない改修とは?

一戸建てでできる改修・できない改修とは?

 

建物すべてを自分で所有している一戸建てだからと言って、思う通りにどんな改修でも行うことができるわけではありません。

 

建築基準法によって、一戸建てでも『できない改修』が定められています。

主なポイントとなるのは、『建ぺい率』と『斜線制限』の2つです。

では、このふたつについて詳しくご説明します。

 

 

1.建ぺい率とは?

 

建ぺい率は、パーセンテージで表され、敷地面積に対する建築面積の割合を示しています。例えば、100平方メートルの敷地に60平方メートルの広さを持つ住宅が建っている場合は建ぺい率60%となります。

 

都市計画によって、建ぺい率何%まで建物を建てることができるか制限がかけられているので、増築を考えている場合は注意が必要です。制限をかける目的は、住みやすい住環境を保つためと、防火上の必要性があります。

 

 

2.斜線制限とは?

 

斜線制限は、隣の敷地や道路から、一定の勾配で引いた斜線の内側に建物の高さを限定するものです。ピラミッドのような三角形の内側に建物の大きさを制限する形になります。

 

主要なものとして道路から見た高さを制限する『道路斜線制限』、建物の北側への日照を保つための『北側斜線制限』、隣地との境界から引かれる斜線により制限を受ける『隣地斜線制限』があります。建物が周辺に与える、採光や通風への影響を限定的にすることが目的です。

 

建ぺい率、斜線制限ともに、特に増築時に注意が必要な指標です。自分の住まいにどのような制限が加えられているのか、よく確認してから改修を行いましょう。