twitter facebook google
page top
3種類ある『24時間換気システム』、どれを選べばいいの?

3種類ある『計画換気システム』、どれを選べばいいの?

 

換気はそこに住む人々の健康を支える重要なもの。昨今の建物は気密性が高いため、このような「24時間換気システム」を用いて空気を強制的に入れ替える必要があります。改修(リフォーム)の場合にも換気システムを付ける必要がある場合がありますので、ここでまず事前知識を勉強しましょう。

 

 

【24時間換気システム3種類】

 

1.第一種換気

 

第一種換気とは、外の空気を取り入れる吸気、室内の空気を排出する排気の両方を機械換気(換気扇)によって行う方式です。最も空気の循環が確実に行われる方式で、高気密住宅の換気に向いています。その分、吸排気両方に換気扇が必要なため、他の方式に比べてランニングコストは高くなってしまいます。また、高気密住宅でないと却ってちゃんと空気が流れないという欠点もあります。

 

 

2.第二種換気

 

第二種換気とは、吸気のみ機械換気を用いて行い、排気は設けられた排気口から自然に行う(自然換気)方式です。外気を取り入れることで室内の気圧が上がり、外気との気圧の違いから自然と外への空気の流れが生じる仕組みです。機械換気が吸気のみになりますので、第一種換気に比べてランニングコストが安いというメリットがあります。一方で、空気がうまく外に流れないと、空気中の水分が壁の中に侵入し、内部結露を起こしてしまう可能性もあります。

 

 

3.第三種換気

 

第三種換気とは、第二種換気とは逆に吸気は自然換気、排気に機械換気を用いる方法です。機械換気を排気側に移したことで、第二種換気の欠点であった内部結露の発生を抑えることができます。用いる換気扇も排気側だけで済むため、ランニングコストは第二種換気と変わりません。しかし、住宅の気密化が不完全な場合、確実に吸気口だけから空気を吸入できるとは限りません。壁や天井、床の隙間などからも空気が流れてきてしまうと空気の循環がうまくできないため、高気密住宅でない建物には不向きです。

 

 

【結局、どれを選んだらいいの?】

 

1.コストが気にならないなら第一種換気が一番

 

吸排気両方に機械を用いるため、最もランニングコストが高くなってしまう第一種換気。ですがその分、換気の確実性も最良です。高気密住宅で確実な換気を望むのなら第一種換気がオススメですが、コストの負担に耐えられるかよく検討してから導入を決めましょう。

 

 

2. 暖かい地域なら第二種換気

 

第二種換気の導入で最大の障害となるのが、内部結露の発生です。逆に言えば、結露が発生しないような温暖な地域にお住いなら、心配せずに第二種換気を使うことできます。

 

 

3. 高気密でもコストを抑えたい方は第三種換気

 

「換気はしたいけどランニングコストは最低限に抑えたい・・・」

 

そんな方には第三種換気がオススメ。

第三種換気をうまく動かすには、住宅の高気密化が不可欠なのをお忘れなく。

 

 

換気方法が3種類もあるのは、それぞれにメリット、デメリットがあるという証拠です。改修に伴い24時間換気システムの導入を検討している方は、良い換気方法を探すのではなく、「その住宅にあった換気方法」を探すよう心がけましょう。