twitter facebook google
page top
3世帯同居改修の3つのスタイルとは?後編

2380929432_b8d054c604

 

*『3世帯同居改修の3つのスタイルとは?前編』の続きです。

3世代同居改修の、残る2つのスタイルについて見て行きましょう。

 

 

2.部分共有型

 

世代間で共有するスペースをある程度減らしたものが、この部分共有型です。1階に親世代、2階に子、孫世代が住み、玄関部分だけ共有するという方法もあります。家の中で共有するスペースは好きに選択できるため、例えばバスルームは共有し、リビングは分けることもできます。

 

分けた部分は、よりそれぞれの世代にとって使いやすいアレンジができるため、完全同居型よりも快適に過ごしやすいのが利点です。部分的にとはいえ、共有するスペースは設けられているため家族の触れ合いも保つことができます。

 

ただし、共有しない部分はそれぞれの世代で別々に造る必要があるので、その分工事費は割高になってしまいます。

 

 

3.完全分離型

 

親世代、子、孫世代の生活スペースを完全に分離してしまう方法もあります。同じ建物の1階、2階、もしくは左右で分かれて住むというスタイルです。生活スペースは完全に分かれているので、異なる世代に気兼ねなく暮らすことができます。距離的な近さは変わっていないのでお互いを訪問しあうことも簡単です。

 

 

しかし、すべての設備を別々に造らなくてはならないため、工事費は大変割高になります。また、十分な広さを確保するための建設スペースも必要。コスト面では3種類のスタイルの中で最も高額になってしまいます。

 

 

家族が揃い、すぐそばで暮らせるのが3世帯同居住宅のメリットですが、そのためにはお互いへの配慮が欠かせません。快適な生活の実現には十分な改修費用、そして何よりも世代間の思いやりを忘れてはいけないのです。