twitter facebook google
page top
3世帯同居改修の3つのスタイルとは?前編

9646676402_5b57bbaaac

 

親と子、孫の世代が同じ家で暮らす3世帯同居。

家族が揃って暮らせるのは安心ですが、世代によってそれぞれ生活スタイルは異なります。お互いに余計な気は使わず、快適な生活を実現するためには、『3世帯同居に備えた改修(リフォーム)』を行う必要があります。

 

 

ここでは、3世帯同居改修の代表的な3つのスタイルをご紹介します。

 

 

1.完全同居型

 

完全同居型は、同一リビング・同一キッチン

親と子、孫がそれぞれ自分の個室は持ちますが、リビングやキッチンなどそれ以外の生活スペースは基本的に共有するスタイルです。人数分の個室さえ用意できればそれほど大きな改修は不要なので、工事費を抑えられるメリットがあります。生活の中で子や孫と触れ合える機会も増えるため、このスタイルを望む親世代は少なくありません。

 

完全同居型はそれぞれの生活リズムを確保しにくい

一方で、生活の多くを共有していることは、お互いに気を使う場面が多くなることも意味しています。また、朝早く起き、夜は早く眠ることの多い親世代と、夜遅くまで起きている子供世代では活動時間にズレがあります。他の世代に合わせようとするあまり、自分にとっての快適な生活が遠のいてしまうことも考えられます。

 

いままで同じような同居生活を続けていたのであればそれほど大きな問題もないかもしれませんが、新たに3世帯同居を始めるとなると、やはりいきなりご自身の生活を人に合せることとなり、無理も生じやすくなります。その場合には、別のスタイルも検討しましょう。

では、 『3世帯同居改修の3つのスタイルとは?後編』で、残りの2つのスタイルについてご説明します。