twitter facebook google
page top
雪に強い屋根に改修するには?

4321858975_0544952727

 

近年、雪の災害は、雪国だけのものではなくなっています。実際に雪対策を必要としているご家庭も多いと思います。しかし、雪対策と言っても、具体的にどのようなものを指すのでしょう?どんなふうに屋根を改修(リフォーム)すればよいのでしょうか。

この記事では、雪の影響を一番受けやすい、屋根に関して見ていきたいと思います。

 

 

【雪に強い屋根とは?】

 

「雪に強い屋根」というものがあります。北海道や東北地方のように雪が多く降る地域では、約7割が金属屋根を施工しています。なぜ雪が多い地域で金属屋根が多いのでしょうか?それは、瓦葺きや色彩石綿板などの重ね葺では、雨漏りの心配があるからです。金属屋根の場合、密閉されているので雨漏りしづらくなっている訳です。

 

そして、金属屋根のメリットには以下のようなものもあります。

 

・地震にも強い

・環境に優しい

・経年劣化が少ない

 

このように、雪以外に関してもメリットがあることがわかります。

 

 

【雪が多く降ると、隣家や通路への雪の落下が心配!何か良い方法はないの?】

 

雪国では、隣家などに落雪して問題が起こることもあります。落雪を防ぐには、雪を融かしたり、せき止めるしか方法はありません。では、どのようにしたら良いのでしょうか?

 

1.無落雪屋根に改修する

大掛かりな工事となりますが、既存の屋根から、平らなすり鉢型屋根にする。

 

2.スノーストッパールーフに改修する

屋根は勾配屋根のままで大丈夫です。金属板の接合部分の板を4センチくらい立ち上がるように折り曲げることで、形がかみ合うようにします。軒先に水が流れにくいため、つららができにくいのが特徴です。

 

3.ダム式屋根に改修する

軒先に雪を堰き止めるためのダムを作ります。形は三角です。その三角を利用して雪を堰き止め、雪が溜まる部分に電機ヒーターを施工します。工事費用は、無落雪屋根に改修するよりは安くなります。しかし、ヒーターにかかる電気料金が発生します。つららができにくく実用的ですが、見た目を気にする方には、あまり人気がありません。

 

その他にも熱源が灯油の温水式、太陽電池を利用した電気式などの融雪システムもあります。

 

以上、雪に強い屋根について見ていきました。地域によって積雪量が異なるため、どの程度の雪に対応できる屋根にしたいのか、各ご家族で考えてみましょう。施工に当たって気をつけたいのは、施工会社の廃業や撤退によるトラブルです。修理やアフターサービスの事もきちんと確認した上で、実績ある、納得のいく業者を選んで下さい。