twitter facebook google
page top
階段の改修で注意すべきポイントとは?/前編

9181257528_c1d5a663f7

 

新築の際はお部屋の事ばかり考えてしまい、階段のことをあまり気にしない・・・多くの人々がそのような傾向にあります。しかし、ご家族が安心、安全に日々を過ごすために、階段については注意しなければならない点がたくさんあるのです。

では、改修(リフォーム)の際に気を付けるべきポイントを確認しましょう。

 

 

【家庭内でも多発する階段での事故】

 

実際、家庭内において階段での事故が多いのはご存知ですか?

階段における事故は、家庭内事故全体における13%以上を占めています(国民生活センター1992~1998年の情報による)。意外なことに、より事故率の高そうな浴槽・風呂場で起きる事故よりも多いのです。なお、最も事故が多い場所は居間、次いで台所となっています。

 

 

【階段はどうして危険なのか】

 

段差があるだけで危険性は増しますが、階段が暗かったり、狭くて急であったりと、意外と危険な要因が多いことも理由の一つだと言えます。疲れていた、睡眠不足であった、など、自宅だからこそ油断も多いでしょう。とくに小さな子供やお年寄りがいれば安全面への配慮を欠かさず改修を考える必要があります。

 

 

では、階段の改修を考えた際に、どのような事に気をつければよいのか見ていきましょう。「階段の改修で注意すべきポイントとは?/後編」に続きます。