twitter facebook google
page top
設計士と建築士の違いとは?

設計士と建築士の違いとは

 

前途の『建築設計事務所とは』でとりあげましたが、この事務所の中には「建築」と「設計」の言葉が含まれています。実際に間取りを依頼するのは建築士なのでしょうか、設計士なのでしょうか?

 

実は「設計士」といういう言い方は曖昧な言い方で、正確には「設計者」と呼んだ方がいいでしょう。

建築士は次の章『建築士と建築家の違いとは/前編』でも詳しく取り上げますが、国家資格を持った人のことを指します。免許ですのでペーパーの建築士もいるのですが、建築設計事務所なり工務店、ハウスメーカーで「建築士」と名乗る人は国家資格を持ち、なおかつ専門的な実務経験も必要になってきます。

 

一方「設計者」とは、ざっくばらんに言えば「間取りを考えて図面を作る人」なのです。

これには資格も免許も必要ありませんので、特にハウスメーカーに多いのですが、営業マンに間取りを考えさせ作らせるところも多いのが現実です。

 

営業マンですので一般的には文系の大学を卒業した方が、そのハウスメーカーのノウハウを鵜呑みにして丸暗記した知識を使って、間取りを作る場合もあります。もちろん設計に詳しい営業マンもいますが、ハウスメーカーでその様な営業マンに出会えることは、非常に幸運なことになります。

 

しかし若手の営業マンとなると、付け焼き刃的な知識を持って間取りを考えることも、業務上仕方がないことと言えてしまうのです。

 

ですので建築士は「設計士さん」と呼ばれることは、内心快くないと思う方もいるのです。

建築士は図面を作るのが仕事ではありません。

 

曖昧な言葉も多い建築業界だからこそ、基本的な知識を身につけることは、改修・リフォームを行う際にも自分の身を助けることにもなるのです。