twitter facebook google
page top
結露対策の改修で省エネ化?

結露対策の改修で省エネ化?

 

冬になると窓ガラスに現れる不快な結露。

実は、この結露を防止するための改修(リフォーム)は、同時に住まいの省エネ化にも繋がるのです。

 

 

1.結露が発生する原因

 

冬になると、家の中と外で温度差が生じます。部屋の中の暖かい空気は窓ガラスや窓枠に触れて冷やされ、その際空気中の水分が冷やされ固まることで結露が発生します。

 

つまり、結露が発生しているということは、部屋の空気が窓によって冷やされていることも意味しているのです。

 

 

2.『除湿』による結露対策

 

結露が発生するのは、『室内の湿度が高いこと』と、『室内の空気が窓で冷やされること』が原因です。

 

そのため、有効な対策となるのが室内の『除湿』と『断熱』です。

 

除湿には、換気扇や除湿機を部屋に取り付ける改修が有効です。冬場に暖房を利用しながら行う適度な換気は、室内の空気を循環させて温度のムラを少なくし、効率的に暖房を使うことができます。また、暑い時期に除湿すると体感温度が下がるため、冷房を弱めても十分に涼しく感じられます。

 

 

3.『断熱』による結露対策

 

断熱による結露予防には、窓と部屋の空気が直接触れないようにすることが効果的です。

 

窓の断熱化改修には、窓ガラスを複層化したり、内窓を付けて二重構造にしたりする方法があります。室内の空気が窓で冷やされることがなくなれば、その分温度を保つのは用意になり冷暖房費も削減できます。

 

結露対策も、快適な住環境の実現も『部屋の湿度と温度の維持』を目指すという点では違いはありません。目的が同じだからこそ、まさに一石二鳥の改修となるのです。