twitter facebook google
page top
窓に行われる3つの改修とは?

窓に行う改修とは?

 

窓は、室内と室外とを繋ぐ大きな開口部です。窓が欠陥を抱えていると、次のような問題が起こります。

 

 

・外気で冷やされた窓に触れることで、室内の空気が冷える。

・強い日差しにさらされ、窓辺が暑くなる。

・家の中の音が外に漏れてしまう。

 

 

こうした問題を防ぐために、窓を生まれ変わらせる改修(リフォーム)にどのようなものがあるかご紹介します。

 

 

1.室内に内窓を設置する

 

既存の窓の内側に、もうひとつ内窓を設置することで二重構造の窓を造ります。室内の空気が冷えた窓枠に直接触れるのを防げるため、断熱化、結露の防止に繋がります。窓枠をはめるだけなので壁工事は不要で、戸建てだけでなくマンションでも設置できる場合があります。

 

 

2.既存の窓の交換

 

既存の窓を窓枠ごと取り外し、断熱性能に優れた最新の窓と交換します。従来は窓枠の取り外しに伴い壁工事が必要でしたが、近年では壁を傷つけずに窓枠を外す工法も増えてきています。

 

 

3.窓ガラスのみの交換

 

今お使いの窓枠はそのままに、窓ガラスだけを交換する方法もあります。近年は防音、断熱などに優れた性能を発揮する、複層ガラスが開発されており、ガラスを交換するだけでも窓の性能を向上させることはできます。大掛かりな改修をするのが難しい方でも、手軽に行えることが魅力です。