twitter facebook google
page top
省エネ化改修とは?

省エネ化改修とは?

 

人間の活動に必要なエネルギーを生み出す過程で、CO2などの様々な副産物が生み出されています。こうした副産物は、地球温暖化などの環境問題を引き起こす原因とされており、世界的に削減が進められています。

 

こうした流れの中、増え続ける民間のエネルギー消費を抑えるため、政府は住宅の省エネ化を奨励しています。住まいのエネルギー消費を抑えることを目的に行う改修(リフォーム)を『省エネ化改修』と言います。

 

住まいを『省エネ化』するには、大きく分けて3つの手段があります。

 

 

1.住まいの『断熱性』を高める。

 

室内で人間にとって快適な温度を実現するためには、クーラーやストーブといった冷暖房器具を動かす必要があります。住まいの断熱性を高めることができれば、以前よりも少ないエネルギーで部屋の温度を保つことができます。

 

 

2.『気密性』を高めれば結露対策にも。

 

住まいの断熱性を高めても、それだけではまだ十分とは言えません。外気の侵入を許さない『気密性』を確保してこそ、快適な室温を保てます。外気が室内のものに触れるのを防ぐことで、結露の発生も防ぐことができます。

 

 

3.日光や風など、『自然の力』も利用する。

 

室外のものをただ阻むだけではなく、積極的に利用することも省エネに繋がります。例えば、うまく室内に日光を取り入れて照明の代わりにしたり、風通しを良くすれば冷房の代わりにしたりできます。

 

 

このように、『電気やガスなど、人工的なエネルギーの利用を最小限に抑える住まい』を実現することが省エネ化改修の目的なのです。