twitter facebook google
page top
省エネ化改修で節水ができる?

省エネ化改修で節水ができる?

 

省エネに対する意識の中で、電気やガスに比べて意外と高くないのが「節水」の意識です。

毎日大量に使う水も、限りある大切な資源です。ここでは、節水に繋がる改修についてご紹介します。

 

 

1.キッチンでの節水

 

キッチンは、料理や洗い物で大量の水を使う場所です。そのため、特に効果的な節水方法は、水栓金具を交換する改修を行うことです。最近では、水に空気を混ぜて放出する「エアーイン」の水栓金具も登場しています。空気が入った分、より少ない水量で洗い物を済ませることができます。

 

 

2.バスルームでの節水

 

バスルームでもキッチンの場合と同じく、水栓金具を交換する改修が節水に有効です。バスルームとキッチンで異なるのは、シャワーを使う目的として「体を洗うこと」、「浴槽や洗い場の掃除」という2つがあることです。体を洗う時はきめ細やかで優しい水流が、洗い掃除の時は力強く勢いのある水流が必要とされます。

 

そこで便利なのが、目的に合わせて水流のタイプを調節できるシャワーヘッド。体洗いも浴室の洗浄も適したタイプの水流を用いればすぐに終わるため、節水に繋がります。

 

 

3.トイレでの節水

 

トイレで効果的な節水方法は、便座そのものを節水タイプのものに交換することです。近年造られている節水式便座は、設計段階から少ない水で流せるように造られています。古い便座よりも汚れにくいため、掃除も短時間で済み、使う水の量も少なくて済みます。

タンクの中にペットボトルを入れるといった方法が昔は持てはやされていましたが、水流に必要な量などは決まっています。トイレ詰まりの原因になりますので、おすすめできません。また、水流が弱くなることで、トイレが十分に洗浄できない可能性もでてくるのです。トイレにおける自己流の節水術はよく検証して行うべきかを判断しましょう。

 

ついつい忘れがちな節水ですが、水回りを改修する時はぜひ思い出してみてください。