twitter facebook google
page top
省エネ化改修でガス代を抑えるには?

省エネ化改修でガス代を抑えるには?

 

改修(リフォーム)を行うのなら、少しでも省エネ化してできるだけ早く元を取りたいものです。

そこで今回は『ガス代』に注目し、ガス代を抑える省エネ化改修について考えて見たいと思います。

 

 

【キッチンでできるガス代節約】

 

家の中でも、料理を作り洗い物をするキッチンは、特にガスを使うことの多い場所です。

オール電化の流れの中で、IHクッキングヒーターを導入する家庭が増えていますが、ガスコンロも捨てたものではありません。

 

ガスコンロ派の方におすすめなのは、省エネ化された『ビルトインコンロ』。従来のガスコンロでは、鍋底から鍋の外側へ炎が逃げていく現象が見られました。しかし、近年の省エネ基準をクリアしたビルトインコンロを導入すれば、鍋底だけに炎が当たるよう設計されているため効率がよく、消費するガスも少なくて済むのです。

 

吹きこぼれなどを自動的に感知し停止する機能もついているため、これまでのガスコンロで不安視されていた安全性の問題も解消済み。ビルトインによりキッチンと一体化しているためお掃除も簡単です。

 

 

節電が叫ばれる昨今、IHだけでなくビルトインコンロにも注目してみてはいかがでしょうか?

 

 

【バスルームでできるガス代節約】

 

家の中で、キッチンと並んでガスを多く使う場所がバスルームです。

バスルームでは、シャワーと浴槽それぞれを省エネ化する改修でガス代の節約ができます。

 

バスルームで体を洗っている間、ずっとシャワーを無駄に出し続けているのは効率的とはいえません。そこで、シャワーを節水タイプのものに変更し、ヘッド部の操作だけでお湯を止められるものに交換することで無駄なお湯の浪費を防ぐことができます。「ごく小さな改修」ですが、その後の水道料金などを比較すると、かなり大きな違いがでるはずです。

 

浴槽で気をつけたいのは、無駄な追い焚きを減らすことです。魔法びんと同じような構造の、冷めにくい最新の浴槽に交換すれば、お湯が冷めるのを防ぐことができます。

 

また、追い焚きの方式には、大きく分けて冷めたお湯を温める『焚き式』と新しいお湯を注ぐ『注水式』があります。焚き式よりも注水式の方が必要とされるエネルギーが少ないため、焚き式

の給湯器を使っておられる方は、注水式の給湯器に変更することでガス代を抑えられる場合があります。

 

バスルームでガス代を抑える秘訣は、『お湯を無駄なく使うこと』。バスルームで使用する水のほとんどは、温めてお湯にした状態で使用します。水道代の節約が、そのままガス代の節約へと繋がるのです。

 

 

 

キッチンとバスルーム。

できれば、省エネの側面から両方を一度に改修し、ガス代の大幅な節約を目指しましょう。