twitter facebook google
page top
省エネと健康を同時に実現する「計画換気」とは?

 省エネと健康を同時に実現する「計画換気システム」とは?

 

新築・改修などの際、必ず耳にするようになった「24時間換気システム」についてご説明します。この24時間換気システムは、古い家にはつけられていないことが多いのです。それは、「建築基準法」という法律が深く関わっているからです。とはいえ、「本当に必要なのか?」「ずっと必要なのか」については、まだまだ議論がなされるところ。現時点での24時間換気システムについて、しっかり把握しておきましょう。

 

 

【現代は『24時間換気』が常識?】

 

かつて、木造住宅が多かった時代は、建物が自然の呼吸し内外の空気を入れ替えていました。しかし、時代の流れとともに高気密住宅が増加。建物の換気が不十分となったことで有害物質が室内に溜まり、『シックハウス症候群』のような健康被害が発生しました。

 

こうした状況を受けて2003年、建築基準法が改正され、建物に「24時間換気できる設備の設置」が義務付けられました。それ以後造られた住宅のほとんど全てが、24時間換気できる設備を備えています。

 

 

【省エネにも、健康にも役立つ『計画換気システム』】

 

『計画換気とは、24時間換気システムという機械の力で24時間、室内外の空気を循環させ換気するのことです。このシステムを導入することで、高気密住宅でも有害物質や空気中の塵、ほこりはたまらず、絶えず屋外に放出され続けます。シックハウス症候群やアレルギーを予防し、健康な生活を実現する仕組みなのです。

 

また、24時間換気システムによって「計画換気」をすることは、省エネにも役立ちます。室内の空気が綺麗なまま保たれるため、茎清浄機に頼る必要がなくなります。通常、冷暖房を動かすと部屋の天井近くと床近くで温度差が生じますが、計画換気システムによって空気が循環すると室内の温度差が解消されるため、冷暖房の効率が上がります。石油ストーブなどを動かすことによって生じる空気の汚れも綺麗にできるため、健康と省エネを同時に実現できるのです。