twitter facebook google
page top
玄関の改修の相場は?/前編

玄関の改修の相場は?【前編】

 

玄関ではどのような改修ができる?3つの改修パターン』でお話させて頂いたように、玄関の改修(リフォーム)は様々なパターンがあります。ほとんどオーダーメイドのカタチになりますので、費用に関しても、100のパターンがあるのならば、100通りの費用になるのです。

ここでは、大まかな玄関改修費用の目安を紹介させて頂きます。

 

 

【玄関の改修、相場はいくら?】

 

玄関の改修というのは大がかりな改修を除き、改修スペースは家のほんの一部にしか過ぎません。一般的な改修費用の統計に寄りますと、玄関だけ改修の場合、価格目安帯は、20~100万円に収まっています。そのうち、40%以上は50万円の予算、約30%は100万円以内で納めています。

 

改修のパターンも様々、極端な例ですが、玄関ノブと鍵だけの改修でしたら、数万円で収まるパターンも含まれます。

 

 

【玄関改修の価格帯】

 

● 3~10万円   玄関の網戸の取り付け、鍵の交換

● 20~45万円  カバー工法による金属玄関ドアの設置

● 30~80万円  カバー工法の金属玄関ドアとシューズボックスの設置

 

カバー工法とは、既存の玄関のドア枠を残して、その枠に新しいドア枠をかぶせるように取り付ける工法です。玄関の扉の交換と考えてください。

 

 

【シューズボックスの種類いろいろ】

 

シューズボックスの設置については、「靴箱」と呼ばれる程度のものから「クローク」と呼ばれるものまで、価格帯は広がります。壁から土間までといった内装工事になりますので、どこまで、どの程度の改修が必要なのかをよく考えなくてはなりません。

 

収納スペースを鏡張りにする場合は、鏡の枚数によりますが、30~50万円の上乗せ価格になります。

 

土間に至っては、材料費が主な費用になります。御影石やテラコッタを使用した場合は、その石の単価が費用になりますので、どのような玄関にしたいかといった、具体的なイメージを持ちましょう。

石材を変えるだけで、玄関の印象は驚くほどに変わります。

 

玄関の改修の相場は?/後編』に続きます。