twitter facebook google
page top
玄関のドアを改修で変えるときのポイントは?

玄関のドアを改修で変えるときのポイントは?

 

玄関のドアを改修(リフォーム)によって変えると、玄関の印象はがらりと変わります。玄関のドアを改修によって変えるときのポイントをまとめていきましょう。

 

 

1. ドアはいろいろと選ぶことができる?

 

かなり豊富なラインナップから選ぶことができると言えるでしょう。玄関ドアには、さまざまな機能や、個性的なデザイン、カラーがあるからです。そのバリエーションは大変豊富。たとえば、ガラスを用いたドアなら採光機能がぐっとあがりますし、気密性や通気性を考慮してドアを選べば、使いやすさ、過ごしやすさがまったく変わってきます。

 

機能性だけでなく、もちろん見かけも重要です。外から見た玄関ドア、内側からみた玄関ドア、少し離れた場所から見た玄関ドア・・・・・・それぞれにイメージを膨らませ、家の雰囲気にも影響を及ぼす見栄えと機能性との組み合わせを選びましょう。

 

 

2.どんなふうにドアを付け替える?

 

簡単な改修例としては、『カバー工法』という工法があります。これは、もともとある玄関枠の上に新しい玄関枠をかぶせ、ドアを取り付けるというものです。ドアの大きさや位置などの設計自体は変わりません。

 

カバー工法のメリットは、短期間で改修工事が終わるということ。玄関ですので、あまり時間をかけた工事は生活に支障が出てしまいます。カバー工法であれば、その心配はありません。

 

 

3.改修の際に気にするべき点は?

 

玄関ドアにおいて重要なのは、「防犯性の高さ」や「断熱性」が挙げられます。防犯性や断熱性の判断は、専門家でなければ難しいものです。購入を決定する前に、よく説明を聞くようにしましょう。また、インターネットなどで下調べをすると、思わぬ落とし穴が見つかることもあります。

 

 

玄関ドアは手で触れて動かすもの。選ぶ際には、実際にショールームでご家族全員が開け閉めをし、不便がないかどうか確認するようにしましょう。