twitter facebook google
page top
玄関ではどのような改修ができる?3つの改修パターン

玄関ではどのような改修ができる?

 

家の中で玄関とはどのような存在でしょうか?

帰って来た家族を迎える場所、お客様が最初に目にする場所。「家の顔」ともいえる玄関では、どのような改修(リフォーム)ができるのでしょうか?この記事では、3つの改修パターンをご紹介します。

 

【安全を考えた玄関の改修】

 

まず最も多い事例ですと、玄関ドアの改修があります。ドアノブの交換、鍵の交換といった簡単なものから、ドアの扉のデザインを変えたり、ドアから引き戸に変えることが可能でです。

 

鍵はセキュリティの高いものに交換し、部屋にいながら施錠、解錠ができる電気錠システムに変えるパターンが便利で人気があります。引き戸は今までは和風のイメージが強かったのですが、今では洋風の引き戸のバリエーションも豊富にあるので、家の外観を損なわずに改修ができます。合わせて夏の暑さ対策として、網戸の設置も多く見られます。

 

また、インターフォンの設置の需要も上がりました。

これらの改修は防犯、高齢化などの安全面を配慮した玄関の改修といえるでしょう。

 

 

【多目的収納スペースをつくる】

 

狭い玄関では、多機能シューズボックスの設置が人気です。スペースに余裕がある場合には、アウトドア用品や冬の普段使いのコートを掛けておけるような、ウォークインクローゼットにするパターンもあります。

収納スペースを設けることによって、玄関がスッキリと広く感じられる空間になることが魅力です。

 

 

【玄関を明るくする】

 

採光を考えて、窓を設置することができます。玄関は明るい方が印象がよいものです。窓を大きめにする、出窓にする、といったことで、方角的に陽当たりが良くない玄関でも明るくすることはできるのです。

 

また、吹き抜けを希望される方もいらっしゃいます。吹き抜けは賛否両論、様々ですが、既存の家の状態と合わせて考えることによって、開放感のある玄関に改修することができます。

 

その他、間接照明などにより意匠を凝らした独自の空間を持つことで、こだわりを主張できるのも玄関の改修です。

 

玄関の改修を行うことにより、家の印象は様変わりできるものなのです。

個性やこだわりを主張しながらも、安全性、機能性を重視した玄関の改修を行いましょう。