twitter facebook google
page top
浴室暖房乾燥機のメリット・デメリットとは?

浴室暖房乾燥機のメリット・デメリットとは?

 

浴室でのヒートショック対策とは?』の記事でお話した、浴室暖房乾燥機について考えてみましょう。

その名の通り、浴室の「暖房」と「乾燥機」を兼ね揃えた設備です。浴室の暖房は、前途のように冬のヒートショック対策に、大変有効なものであります。ご家庭により、メリット・デメリットもありますので、参考になさってください。

 

 

【浴室暖房乾燥機のメリット】

 

● 脱衣所もあたためられるものを選ぶことにより、ヒートショック対策に有効

● 浴室の暖房、乾燥により、カビの発生を防ぐことができる

● 悪天候でも洗濯物を乾かすことができる

 

 

【浴室暖房乾燥機のデメリット】

 

● 洗濯物の乾き具合は浴室の広さや状況に応じるので、期待ほどではない場合もある

● 設置の初期費用がかかる

● 電気代、またはガス代といった光熱費がかかる

 

 

【デメリットを克服しながら浴室暖房乾燥機を利用しましょう】

 

以上のメリット・デメリットをふまえた上で、設置を考えましょう。小さなお子様やご年配の方がいる家庭では、冬のヒートショック対策を念頭に、その他の機能は補助的なものとして利用することをおすすめします。

たくさんの着替えを必要とする小さなお子様がいるご家庭では、乾燥機能も活躍するでしょう。子供用の薄手の洋服や下着類などは、比較的スピーディーに乾かすことができます。

 

乾燥機能はガスの方がパワフルですが、電気でもしばらく室内干しをしてから生乾きの状態で、浴室の乾燥機に移動すれば、天日で干したようにカラッと乾かすことができ、電気代の節約にもなります。

 

 

【ガスと電気、どちらがいい?】

 

オール電化の場合を除いて、設置するのをどちらがいいのか悩んだ場合は、浴室暖房乾燥機をどのように使いたいかをイメージしてください。

 

乾燥機能も充実させたい場合は、ガスの方がパワフルでスピーディーです。

ガス温水式なら、電気代と同じコストになるので光熱費も驚くほどではありません。オール電化の場合は、乾燥機は深夜の電気料金がお得な時間帯に使うようにしましょう。

 

設置はガスの方が手間も費用も掛かります。電気の場合、施工は浴室の改修のパック料金に含まれていることも多いので、十分に考慮してから自分の家に合ったタイプのものを選びましょう。