twitter facebook google
page top
洗面台を変える改修は、どんなふうに行われるの?後編

7504374698_2f8b48458a_z

 

洗面台を変える改修は、どんなふうに行われるの?前編』の続きです。この記事では、洗面台改修の工程と予算について説明していきたいと思います。

 

 

【洗面台改修の工程は?】

 

まず、既存の洗面台を撤去処分し、必要であれば給排水の切廻しを行います。内装工事をする場合は、この後にクロス貼り替えやクッションフロアの貼り替えを行い、その後、新規洗面台を設置することになります。一般的な洗面台改修は以上となりますので、複雑な工程がないことがわかります。

 

 

【洗面台改修の予算は?】

 

改修費用は、洗面台の選択肢によって変わってきます。一般的に間口が広くなるほど高額になります。順に見てみましょう。

 

・ユニットタイプ

シンプルで安価な物なら、3万から5万円程度で手に入ります。ただし、間口が同サイズでも、水栓や鏡、収納扉の素材や種類によって値段が変わってきます。一般的なタイプでは、5万円から12万円位が標準的な本体価格となるため、本体価格と数万円程度で工事が可能です。

 

・システムタイプ

様々なタイプの製品の中から、自分好みに素材や大きさが選べます。セミオーダー感覚と言えばわかりやすいでしょうか。組み合わせ次第で価格は大きく変わりますが、一般的には、20~60万円が相場と言えます。

 

なお、床・壁などの内装工事を一緒にする場合、洗面台の価格、雰囲気にあわせて、よりよい床材・壁材が選ばれる傾向にあります。このケースでの内装工事費用は、20~25万円が相場となります。

 

 

以上、洗面台の改修自体は、それほど難しいものではないことがお分かりいただけたかと思います。反面、洗面台のタイプによっては高価なものがあるものの、予算とニーズのバランスが取りやすい改修とも言えます。まずは、思い描いているイメージを、改修業者に相談して見てください。きっと、的確な答えが見つかりますよ。