twitter facebook google
page top
改修(リフォーム)の一般的な流れとは?

改修の一般的な流れとは?

 

家の改修(リフォーム)をする時は、おおよそ次のような流れに沿って進めていきます。できるだけ事前に「どんなことをするのか」を頭に入れておけば、必要事項の取りこぼしも少なくなりますね。ご家族で揃って確認すべきことも増えてきますので、密にコミュニケーションを取るようにしましょう。

 

 

1. 改修したい場所を確認する

 

住居の中で現在不満を感じている所や、将来に備えて改修したい場所を列挙します。まだ計画段階なので、不便な所は遠慮せず網羅するようにしましょう。

 

 

2.優先順位、期限を明確にする

 

複数の場所を改修したい場合は、予算が足りなくなることを考えて改修する場所ごとに優先順位をつけましょう。そして、『どんな目的で、どこを、どのように、いつまでに』改修するのか、具体的な中身を家族と一緒に話し合います。

 

 

3.情報収集

 

自分の望む改修の条件を整理したら、次は実際にどのような改修が行われているのかを調べます。インターネットなどを駆使して、改修の相場となる金額や、どのような手法で改修が行われているのかチェックしましょう。

 

 

4.予算の決定

 

集めた情報を元に、上限となる予算枠と実際に改修を行う場所を決定します。場合によってはここで優先順位の低い改修は諦めなくてはなりません。場合によっては、自分自身で行える範囲の改修は自分達でやってしまう、という方法もあります。

 

 

5.改修業者への問い合わせ

 

決定した予算の範囲内で、自分の求める改修を行ってくれる業者を絞り込みます。適切な業者を数社選び、見積りを提出しましょう。

 

依頼する業者を決める段階では、実際に窓口を訪れることをおすすめします。担当者と直接顔を合わせ、疑問点をぶつけることが信頼できる業者を見分ける鍵になるのです。