twitter facebook google
page top
改修(リフォーム)の「時期」はどう見極めるべき?

改修の「時期」はどう見極めるべき?

 

住まいの改修(リフォーム)にも、適切な「時期」というものがあります。

『住まい』と『人』、それぞれのサイクルを意識すると、改修に適切な時期を見極めることができます。正しい時期を見極めることで、無駄なお金や手間をかけない改修、家族のために本当に役立つ改修ができます。では、どのような観点から改修の時期を考えるべきかをご案内します。

 

 

【『住まい』のサイクル】

 

キッチンやお風呂、トイレといった室内の設備、日夜風雨にさらされる屋根や外壁など、『住まい』は様々な消耗品によって形作られています。

 

家を構成する要素は多岐にわたるため一概には言えませんが、これら『住まいの構成要素』はおおよそ10~20年程度で老朽化して美観がそこなわれ、機能にも不調をきたすようになります。

 

 

【『人』のサイクル】

 

ほとんどの人間には、共通して訪れる人生の転機となる時期があります。少年期には自分の部屋を与えられ、やがて親元を離れて一人暮らしを始める人も少なくありません。結婚や子供の誕生をきっかけとするマイホームの購入。そして定年を迎えれば『高齢者』としての生活がスタートします。こうした人生の転機が訪れるのも、10~20年のサイクルです。

 

10~20年ごとに節目を迎える『住まい』と『人』のサイクル。

このサイクルを見極め、たくさんの変化が重なるタイミングで改修を行うことで、多くの不満や不安を一度に改修することができるのです。