twitter facebook google
page top
改修費用、見積もりの内訳はどうなっているの?

改修費用、見積もりの内訳はどうなっているの?

 

実際の契約の前に業者から提示されるのが「見積もり」です。どんなことにどれほどの料金がかかるのか、ということが書かれており、依頼を確定する重要な要因となります。この見積もりを十分に理解することで、後々のトラブルもぐっと減ります。

しかし、改修(リフォーム)の見積もりは、業界用語で書かれていることもあり、内訳がわかりにくいことがあります。そこで、見積もりの内訳に示される項目がそれぞれなにを表しているのかご紹介したいと思います。

 

 

木工事費

大工さんがする仕事にかかる費用のことです。断熱材の導入や床材を張り替える場合にかかります。部屋の間取りを変えるなど、柱、梁を改修する費用も心に分類されます。

 

左官工事費

土壁を塗り替える『左官屋さん』の仕事にかかる費用のことです。ほとんどが人件費です。

 

建具工事費

ドアや引き戸などの室内外の扉、及び手すりなどの『建具』を設置、修理する際の費用です。

 

内装工事費

壁紙や天井の張替え費用です。

 

設備工事費

システムキッチンやバスルーム、トイレなど『住宅設備』に関わる工事の費用です。

 

給排水工事費

キッチンやバスルームなど水回りの模様替えで、給排水管の位置を変える工事が必要な時に発生します。

 

電気設備工事費

コンセントや照明の設置、移動費用です。

 

仮設工事費

屋外の改修の場合、作業用の足場を組んだり、仮設トイレを設置したりするための費用がかかります。工事の際、関係ない部分を傷つけないよう保護する費用も含まれます。

 

 

工事費の内訳がわかれば、特にお金のかかる部分を確かめることができます。材料を安価なものに変えたり、優先度の低い工事を省いたりといった相談を改修業者と進めることができるようになります。