twitter facebook google
page top
改修工事期間の目安は?

改修工事期間の目安は?

 

改修(リフォーム)工事の期間は、どの程度かかるのでしょうか。

当然ながら、改修箇所によってかかる期間は変わってきます。同じ浴室でも、ユニットバスにするのか、一般的な浴槽にするのかによっても、期間は一定ではありません。

 

ここでは、主な改修箇所による期間の違いを見ていきましょう。あくまでも「目安」であり、実際はさまざまな要因に左右されるため、最終的な改修期間は発注先の工務店やリフォーム会社に尋ねてみましょう。

 

 

1.トイレの工期

 

・便器のみの交換:8時間程度で当日内に終了

・和式を洋式に変更する場合:1〜2日程度必要

・床・壁:1〜2日

・床・壁・天井:2〜3日

 

 

2.キッチンの工期

 

・IHヒーターに切り替え:1〜2日

・同サイズキッチン取り替え:6〜7日

・オーダーユニットで新しい空間に変更:4〜5日

 

 

3.洗面所の工期

 

化粧台・鏡:数時間~1日以下

排水管の工事まで必要になる場合は、工期はさらに長くなります。

 

 

4.浴室の工期

 

・既存ユニットバスの入れ替え:4〜5日

・従来工法の一般浴槽の入れ替え:2〜3日

・従来工法の一般浴槽をユニットバスに変更:5〜7日

・従来工法の浴室の造り替え:7〜12日

 

 

5.フローリング張替えの工期

 

㎡数や

張替え

箇所によって異なるが、1〜2日が一般的

 

 

6.塗装の工期

 

・屋根:4〜7日

・外壁:8〜23日

 

 

工程は、業者ごとに微妙に違うことも想定しておく必要があるでしょう。

また屋外での作業は、天候にも左右されることがあります。

 

改修にかかる期間は、短ければご家族の金銭的・精神的負担も少なくなります。ただし、短ければよいというものでもありません。丁寧に工事や確認を進めてもらえるほうが、後々のトラブルはぐっと少なくなります。そのような点もしっかり考慮し、相談・見積もり段階から、目安をしっかりと確認しておきましょう。