twitter facebook google
page top
改修契約において確認すべきこととは

 改修契約において確認すべきこととは

 

改修(リフォーム)を業者に依頼する場合に1番に注意すべき点があります。それは、改修に関する全てにおいて、「書面」で確認することです。では、詳しくご説明します。

 

 

【「工事請負契約書」の注意点】

 

依頼する業者が決まり、改修の内容も決まると契約を交わします。まず「工事請負契約書」という書類に署名捺印をするのですが、その書面をよく確認してください。

依頼する業者によって書面が異なりますので、なおのこと注意が必要になります。工事のタイトル、住所、金額は書いてありますが、書式によっては工事内容が書いていない場合があるのです。

工事内容を示す書類には、見積書、図面、仕様書、パース図があります。工事の規模によりプレゼンテーションが行われた場合には、プレゼンテーションボードも確認できるよう依頼業者に伝えましょう。

見積書に書かれた金額と契約書の金額が同じかどうか、工期の書き漏れはないかなど、必ず全ての書類と契約書の内容が一致するまで確認を取ってから、契約書に署名捺印をします。

 

 

【「口約束」は契約ではないと考えておく】

 

値引きがあったりすると、ついつい口約束で契約のつもりになってしまうケースが多々あります。口約束では正式な契約ではありませんので、業者が忘れてしまう場合もあり得ます。工期が大幅にずれて仮住まい代が多くかかった場合など、トラブルの原因にもなるでしょう。

書面がないと契約ではないということを、必ず念頭におくことです。

 

 

【 「約款書」には必ず目を通す】

 

また、面倒でも約款書は必ず一通り読みましょう。

「工事請負約款」といい、工事保証の記載、契約どおりに工事が終わらなかった場合のペナルティ、事故が起きた場合の解決方法などが書かれています。

いつどんなトラブルが起きてもおかしくないのが、業者といえども人間同士の契約です。

些細なことも必ず書面で確認するよう、心がけましょう。