twitter facebook google
page top
改修前のチェックポイント 一戸建ての場合

改修前のチェックポイント 一戸建ての場合

 

一戸建ての場合は建物全て自分の持ち物ですので、マンションのように管理組合への事前通知は不要です。しかし、やはり改修前にやるべきことは基本的にマンションの場合と同じで、「近隣への挨拶」と、「駐車スペースの確保」の2つです。

 

 

【一戸建て改修の事前準備チェックリスト】

 

チェック 項目
 □  業者の車を止める駐車スペースは確保したか?
 □  塗料など、悪臭による害が発生する恐れはないか?
 □  塵やほこりが周辺に散らばる恐れはないか?
 □  不要品や解体物などのゴミが散乱する恐れはないか?
 □  近くの道路の通行を妨げていないか?
 □  向かいと真後、及び左右の住民への挨拶は済んだか?

 

 

一戸建てでは、住まいの両隣、向かい側のお宅とその左右の家、そして同様に真後ろとその両隣の合計8件に改修を行う旨を伝えに挨拶に行きましょう。マンションのように隣接しているわけではありませんが、やはり騒音は発生しますし、外装工事を行う際は広い範囲に塗料の臭いが広がることもあります。

 

音、臭い以外にも工事に伴う塵やほこり、家の古い部分を解体することでゴミや汚れが発生する場合もあります。自分の家の敷地内に収まりきらず、隣家に迷惑をかけないよう、よく業者とも話し合っておきましょう。

 

家に隣接する道路は、近隣住民との共有財産とも言えます。事前に迷惑にならない場所に駐車スペースを確保し、そこに工事業者の車が停まることを連絡しておきましょう。

 

マンションよりも自由にできる分、大掛かりになってしまうこともある一戸建ての改修。近隣の人々への「挨拶と連絡」は、改修の事前準備において常に基本であることを覚えておきましょう。

 

 

*関連する記事

改修前のチェックポイント マンションの場合

『改修前のチェックポイント 一戸建ての場合』(この記事です)

改修前のチェックポイント 家庭内での準備