twitter facebook google
page top
改修前に、耐震性を高める要因を知っておこう/後編

改修前に、耐震性を高める要因を知っておこう(後編)

 

*『改修前に、耐震性を高める要因を知っておこう /前編』の続きです。

 

住宅の耐震性を高めるポイント、前編では地盤・基礎・土台部分について解説しました。他にも住宅の耐震性を高める要因をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

【壁の強さ】

 

地震や風など、横からの力に抵抗するための柱を「耐力壁(たいりょくへき、たいりょくかべ)」と呼びます。耐力壁がない場合は新設するか、既存の壁を鉄骨ブレースと呼ばれる補強材で補強し、横揺れに強い壁にします。

 

 

【部材の接合部】

 

柱の接合部に金属が使われていない古い住宅の場合には、強度が不足しています。また、木材が抜ける恐れもありますので、接合部に金属を付けて補強します。

 

 

【屋根材の見直し】

 

瓦などの重い屋根材は建物に負担をかけます。また、重さに耐える力も必要です。軽量かつ丈夫な屋根材に取り換えることで、耐震性を高めることができます。

 

 

家の耐震性を高める要因を住宅の改修前に知っておくことは大切なことです。

部分的に耐震補強をするのではなく、家全体の耐震性を見直すことが重要です。

 

今後、巨大地震は日本全国どこでも起こる可能性はあります。

大切な家や家族を守るために、ぜひ耐震改修を検討してみてください。