twitter facebook google
page top
改修中の生活のために必要な準備は?

改修中の生活のために必要な準備は?

 

現在の住まいを改修(リフォーム)する場合、改修工事中は生活に様々な制限が加わります。

 

改修している箇所は使用できませんし、改修箇所によっては家の中が暗くなったり、暑さや寒さに悩まされたりする可能性もあります。

 

工事中の生活を快適に過ごすためには、相応の準備をして工事に臨まなくてはなりません。

 

 

1. 家の中を片付ける。

 

工事中は家の中に職人さんが出入りします。工事の妨げにならぬよう、余計な荷物や家具は予め片付けておきましょう。そのままにしておくと工事の際、何らかのアクシデントが発生して大事なものが傷ついてしまうかもしれません。

 

 

2.使用できなくなる箇所をどう補うか考える。

 

キッチンやお風呂を改修する場合、改修期間中それらの設備は当然使用できなくなります。特に水回りの機器を改修する時は、食事や入浴は外で済ませるなどの対応が必要です。大変業者によっては、使えなくなる設備の代わりに仮設の代替設備を用意してくれるケースもあります。

 

 

3.改修中の仮住まいを準備する

 

改修が大規模になるか、もしくは改修の期間が長くなるようなら、いっその事その間別の住まいで暮らすという方法もあります。コストはかかりますが、最も快適に過ごせる方法です。

 

 

自分が改修する場所や、その規模に合わせてどのような対応が必要になるか、一人で決められないのなら、改修業者にも相談して準備を進めましょう。