twitter facebook google
page top
改修中にチェックすべき6つのポイントとは?

改修中にチェックすべきポイントとは?

 

改修(リフォーム)工事がスタートしたからといって、全て職人さんや業者任せにしておけばいいというものではありません。この改修をきちんと成功させるためにも、自らの目で積極的に工事の進捗状況をチェックし、改修がうまく進んでいるかどうか確かめていく必要があるのです。

 

特に注意するべきポイント6つを挙げました。それぞれひとつずつ確認してみてください。

 

 

【マンション改修の事前準備チェックリスト】

チェック
項目
 □ 管理組合に『事前通知』を出したか?
 □ マンションの管理規約に抵触していないか?
 □ 工事業者が玄関や通路を移動するルールは確認したか?
 □ 工事を行って良い時間を確認したか?
 □ 駐車場のスペースは確保したか?
 □ 左右、及び上下階とその両隣の住民への挨拶は済んだか?

 

 

実際に改修工事を行うことになる職人さんは、自分の中のイメージと経験に基づいて工事を進めようとします。職人さんとコミュニケーションを取りながら、工事が自分のイメージとかけ離れた方向へ進まないよう、調整していかなくてはなりません。

 

 

【気付いたことは、気づいた時点で伝える】

 

また、実際に変わっていく住まいを目にして「やっぱりここはこうしてほしい」と思う点が出てくる場合もあります。コンセントの位置を少し変えるなど、現場で少し工夫するだけでできるものなら要望を伝えてみましょう。

 

どれだけ事前に注意していても、近隣や同じマンションの住民とトラブルが起きる場合もあります。速やかに解決し、工事後の人間関係が悪化しないよう気を配ると良いでしょう。

 

改修中の注意点をまとめると、ほぼすべてが『コミュニケーション』の問題であることがわかります。何もしないでただ待つのではなく、自ら主体的に動くことが、改修工事を無事終わらせるための鍵です。