twitter facebook google
page top
改修のためにまずは「耐震診断」を受けよう/耐震診断とは?

名称未設定-1

 

人間にたとえると「耐震診断」は精密検査にあたり、「耐震改修(リフォーム)」は手術に該当します。耐震改修(リフォーム)を行う前に、きちんとした耐震診断を受けることが重要です。まずは耐震診断を受けてみましょう。

 

 

【耐震診断の目的】

 

1981年以前に設計・竣工された既存の建築物に対し、地震が起こったときの安全性を調査することが目的です。また、現行の耐震基準と照らし合わせて、要件を満たしているかを調べることです。

 

【耐震基準】

 

1981年(昭和56年)に施行された新耐震設計法が適用されています。

 

【新耐震設計法の耐震性】

 

中規模の地震(震度5程度)では設備に損害を与えず、建築物は軽微な損傷で収まること。大規模の地震(震度6程度)では建物が倒壊せず圧死者を出さないことが目標です。

 

【耐震診断方法の選定】

 

精密な診断になるほど時間と費用が掛かります。負担を減らすためにも予備調査を行いましょう。既存建築物が設計書通りに施行をされているかを確認し、建築物の状態にあった診断法を選択します。

 

・一次診断

主に壁量のチェックを行います。設計図が残っていれば詳細な調査を行わなくても比較的費用と時間が掛かりません。

 

・二次診断

主に柱と壁の粘りを調べます。設計図が残っていないと行えません。一次診断よりも信頼性が高く、公共の建築物に多用されています。この方法を使用した耐震改修(リフォーム)を行った建築物は、新潟中部地震などでも被害があまり報告されていません。

 

・三次診断

二次診断に加え梁を考慮した診断方法です。こちらも設計図が残っていないと行えません。現行建築基準法とほぼ同レベルの診断です。しかし最も計算上の仮定に左右されやすいため十分注意して判断をする必要があります。主に高層建築物や鉄骨造が対象となっています。

 

 

大地震などで被害を受けた建築物の復旧費用より、耐震改修を行う費用のほうが大幅に安価だと言われています。まずは耐震診断を受けてみましょう。