twitter facebook google
page top
改修について相談することはできるの?

改修を相談することはできるの?

 

改修(リフォーム)を意識し始めたときから、心配や疑問は尽きないものです。

どこに依頼すべきなのか、改修にかかる費用はどのくらいなのか、具体的にはどのような改修ができるのか・・・

 

ひとりで考えて答えを出すには限界があります。

では、改修については、誰に相談すべきなのでしょうか?

 

 

【身内に相談するパターン】

 

まず一般的には改修の経験がある身内に相談するパターンが多いと思われます。

その他、近所や職場の経験者に経験談を教えてもらうこともあります。

しかし、そのような相談は「個人的意見」が多く含まれることも、必ず念頭に置かなければなりません。もちろんひいき目もあることでしょう。いろいろな意見を総合的に捉える冷静な判断力も必要になります。

 

 

【インターネットで情報を集める】

 

では、冷静な第三者に相談することはできるのでしょうか?

今では知りたい情報はインターネットで手に入れることができます。

「改修 費用 目安」「改修 業者 選び方」などといった検索ワードでも、情報が氾濫していると言っても過言ではありません。

改修に関する知識は依頼する側にも必要なことですので、インターネットは十分に活用しましょう。

 

 

【「リフォーム相談窓口」を利用することも】

 

その他においては、地方公共団体におけるリフォーム相談窓口があります。

お住まいの市町村のホームページなどで公開されていて、相談窓口の開設時間や場所などが掲載されていますので、こちらも利用されることをおすすめします。相談者の人数が多ければ会場を用意し、説明会を開催します。

介護における具体的な改修ですと、都道府県の社会福祉協議会や、お住まいの地域を管轄する社会福祉事務所でも相談にのってもらえます。このような公共の窓口も、積極的に利用しましょう。

 

JAや改修業者の斡旋窓口もあるのですが、その場合は密接に繋がった業者が入ることも多いので、改修における選択肢が狭まることが考えられます。

 

 

改修前には身内、第三者など様々な方面から、納得のいくまで相談を受けることも大切なのです。また、相談するうちに、はっきりしていなかった自分の意思が見えてくることもありますね。