twitter facebook google
page top
改修で選べる外壁材の種類は?その2

5170906419_8cd4e0f7aa

 

改修で選べる外壁材の種類は?その1』の続きです。

住宅の改修(リフォーム)で使用される外壁材について、今回は主に「サイディング」とはどんなものかについてご説明します。

 

 

【サイディングってどんな物?】

 

サイディングとは、工場生産された板の事です。

 

特徴・・・

工場生産なので品質が均一です。バリエーションはとても豊富。職人技が必要ないので、特に高い技術を必要とすることなく美しい仕上がりになります。耐久性、耐火性に優秀な素材で表面デザインも様々あります。

 

種類・・・

窯業系、金属系、木質系、樹脂系など

 

 

【窯業系サイディング】

 

住宅建材において7割以上のシェアを占めている『窯業系サイディング』について見ていきます。

 

主原料・・・

セメント質と繊維質

 

種類・・・

木繊維補強セメント板系、繊維補強セメント板系、繊維補強セメント・けい酸カルシウム板系

 

特徴・・・

耐震性、遮音性、防火性、耐火性、施工性に優れています。住宅建材において7割以上のシェアを占めていると言われています。バリエーションが豊かで、価格の幅も広く、低価格商品にもさまざまなものがあります。

 

サイディングのJIS規格は平成20年2月20日に改定されています。念のためお知り置き下さい。

 

(全体性能のボトムアップのため、外装の諸性能の向上に即効果が期待できる製品厚さを12mmから14mmへ改正。

http://www.nyg.gr.jp/toha/jis.html

日本窯業外装材協会より参照)

 

サイディングは16mm以上が主流で、薄い方が価格は安く設定されています。だいたい、40坪住宅で14mmから16mmへ変更の場合、100万円以上違うと言われています。しかし、見た目の高級感、防音効果などに影響が出る場合がありますので、しっかりとご考慮ください。

 

 

それでは、『改修で選べる外壁材の種類は?その3』で湿式工法の左官壁材、タイル、レンガを見ていきましょう。