twitter facebook google
page top
改修で考えるべき床暖房のデメリットは?

改修で考えるべき床暖房のデメリットは?

 

改修で考えるべき床暖房のメリットは?」に引き続き、今度は、床暖房のデメリットとその対策を見ていきましょう。

 

【床暖房のデメリット】

 

1、床暖房を設置するための設備工事、床工事などの初期投資が必要。

比較的大規模なリフォーム(改修)工事が必要となります。その間は、床暖房を設置する部屋を使うことができなくなります。

 

2、立ち上がりに時間がかかるので、すぐに温かくならない。

タイマー機能を上手に利用することでこの問題は解消できます。電気式タイプとガス温水タイプ比較した場合では、一般的にガス温水タイプの方が温まるのが早くなります。また、逆にスイッチを切ってもしばらく温かさが持続するというメリットはあります。

 

3、無垢材など、床暖房に適さない素材がある。

改修の際には、床材も十分吟味する必要があります。

 

4、電気式床暖房の場合、電気の使用量が増えてしまうため、電気容量を上げる必要がある。

ガス温水式なら、節電が可能です。

 

ランニングコストなどを考えると、ガス温水タイプのほうがお得ではありますが、マンションでの施工や、戸建でも子供部屋のみの施工、さらには床暖房の使用時間が朝夕のみといったケースでは、電気式タイプの方が割安になる場合もあります。床暖房を設置する際は、部屋数とその広さ、また、一日の使用頻度で検討してみましょう。

 

床暖房のメリット、デメリットをしっかり考慮した上で、改修(リフォーム)に踏み切ってみてください。

最近は床暖房を導入しているご家庭も多いので、使い勝手や料金などについて尋ねてみるのもよいでしょう。