twitter facebook google
page top
改修で玄関の位置を変えられる?

改修で玄関の位置を変えられる?

 

玄関の位置の移動は、思い切って改修(リフォーム)を考える箇所のひとつでしょう。場合によっては、家全体の雰囲気、風通し、光の入り方などを変えてしまう大きな改修になります。また、狭い玄関を広くするため、バリアフリー化するためなど、移動の検討が必要となることもあります。

 

では、改修で玄関の位置を変えられるのか、見ていきましょう。

 

 

1.マンションの場合

 

一般的にマンションの各部屋の玄関は、共有部分とされています。これは構造上重要な部分を構成しているために、共有部分とされているようです。そのため、玄関の位置の移動は、通常できません。

 

 

2.一戸建ての場合

 

マンションに比べれば改修の自由度が高いので、できる場合が多いのですが、以下のようにできない場合があります。

 

 

a.増築

敷地や建物に関する法規制の範囲を越えて改修はできません。玄関の位置の移動だけであれば、ほとんど問題ないかもしれません。

 

b.間取りの変更

構造上取り外せない壁や柱を動かしたり、穴を開けることはできません。無理に行えば、建物の強度を低くしてしまう原因となります。

 

c.玄関サッシの変更

防火地域や準防火地域では、防火性能基準を満たした玄関ドアやサッシ以外の変更はできません。

 

 

マンションの場合は、ほぼ無理ですが、一戸建ての場合も構造などの問題からできない場合もあります。改修業者とよく相談し、「玄関の移動は可能か」「どのように移動させるのか」などを明確にしつつ、改修計画を立てるようにしましょう。