twitter facebook google
page top
改修で収納力のあるキッチンをつくる3つのポイントとは?その1

リフォーム(改修)で、収納力のあるキッチンをつくる3つのポイントとは?その1

 

使い勝手のいい台所/キッチンというのは、料理が作りやすく、ガラスやお皿が光り輝き、とても気持ちがいいものですよね。

 

しかし実際のところ、台所には食器や食品、キッチングッズなどが集まり、ゴチャゴチャした場所になりがちです。狭いから・・・造りが古いから・・・物が多い以外にも原因はありますが、原因は「ものが納まる場所がない」ということ。使いやすい台所を作るポイントは「収納力」なのです。

 

収納力は「どれほどたくさん収納できるか」という量の問題だけではありません。収納したものを出しやすいか、混乱せずに収納できるか・・・なども重要なのです。

では、どのように改修すれば収納しやすく、使いやすいか、見ていきましょう。

 

 

ポイント1/使用場所に注目!~使うものは使う場所の近くがGOOD!!

 

キッチンに限ったことではありませんが、使うものは使う場所の近くに収納できるようにしましょう。特に料理を作るときは、あまり遠くまで歩いて道具を取にいくのは避けたいもの。料理にかける時間も長くなってしまいます。バットや計量器など下ごしらえの時に使う物は、調理スペースのキャビネットに、お鍋やフライパンなどはコンロ下などのコンロ近くにしまう・・などすると使い勝手がぐっとよくなります。

 

シンクやガスコンロの下にある収納を「フロアキャビネット」と呼びます。このフロアキャビネットの設置方法、活用方法を「使うものは使う場所の近くに収納する」というルールの上で工夫すると、上手く収納ができます。調理スペースのキャビネットはこまごましたものをしまうので、浅くて小さめの引き出しタイプが適していますし、料理スペースのキャビネットは、大きなお鍋やフライパンがきちんと収まる大きめの引き出しタイプがいいですね。

 

引き出しタイプが便利なのは、「奥のほうまで無駄なくスペースを利用できる」ということ。開き戸タイプは手前に置いたもののために奥が見えにくくなり、少し使いにくくなってしまうかもしれません。ただし、引き出しタイプは引き出すときに収納したものが動いてしまうという欠点もありますので、ケースや間仕切りなどのツールをうまく使う必要があります。

 

 

ポイント2については、『改修で収納力のあるキッチンをつくる3つのポイントとは?その2』でご説明します。