twitter facebook google
page top
改修でトイレに新しい手洗いシンクを付けることはできる?

改修でトイレに新しい手洗いシンクを付けることはできる?

 

トイレの改修(リフォーム)を行う際には、トイレ本体だけでなく「手洗い器」にもしっかりと気を配ることが大切です。なぜなら、タンクレストイレをはじめとする手洗い器のないタイプのトイレでは、手を洗うためのシンクを新たに設置する必要があるからです。

 

 

現在使用しているトイレに手洗器が存在する場合は、今ある配管をそのまま利用して新しい手洗器へと交換することができます。

 

 

【手洗いシンクのタイプ】

 

手洗いシンクには、主に以下のようなタイプがあります。

 

 手洗いボウルタイプ

 カウンタータイプ

 キャビネットタイプ

 

カウンタータイプやキャビネットタイプでは、トイレ室内に収納スペースを確保することができます。そのため、空間をより広く活用することが可能です。一方で、トイレ室内がそもそも狭いケースや奥行きのないトイレにはあまり向いていません。少し空間が狭いトイレには、手洗いボウルタイプの手洗い器がおすすめです。トイレの室内や間取りの広さ、利用シーンを考えながら、手洗いシンクのタイプを選びましょう。

 

 

【もともと手洗いシンクがないトイレの場合は?】

 

現在使用しているトイレに手洗い器が存在しない場合を考えてみます。

現在使用しているトイレに手洗器が存在しない場合は、床や壁を壊して手洗器用の配管工事を行う必要があります。一般的に、トイレの改修工事で新たなに手洗器を設置する場合、工事費用が多少かさんでしまいます。

 

そこで近年、便器から手洗い器までがセットになっている『システムトイレ』というものが販売されています。これは、トイレと手洗い器の配管がシステム化されているもので、床や壁を壊して配管工事を行う必要がありません。

 

専門家でない方がみても時間や費用も明確でわかりやすく、安心して改修工事を依頼することができます。また、『システムトイレ』は手洗い器が設置されていないケースに限らず、新しく手洗いシンクを設置するときにもおすすめの工法です。

 

 

【まとめ】

 

トイレを改修し、新たに手洗いシンクを設置することは可能です。その際には、どういった形状の手洗いシンクをつけたいかということも大事ですが、設置するトイレの室内や間口の広さ、使用目的、費用も含めて考えることが大変重要なポイントになります。限られたスペースをうまく活用しながら居心地の良い空間をつくりだしましょう!