twitter facebook google
page top
床リフォームで使われる「床材」の種類とは?/フローリング・畳

149758382_3cc0759472

 

床を改修すると、そのスペースの雰囲気は一気に変わります。もちろん、天井や壁についても言えることですが、床は人の肌にも触れることの多い場所。みかけだけでなく、触り心地や柔らかさ、清潔に保つことができるか?掃除はしやすいか?といったことも大切です。

 

 

【フローリング】

 

フローリングは、大きく分類すると次の2種類があります。

 

・合板フローリング

 

一般的なフローリングです。表面はコーティングしているので、キズが付きにくく、反りなども起こりにくいです。遮音や床暖房対応など様々な機能があります。いろいろな種類があり選択肢の幅はとても広くなります。

ただし、たくさんの接着剤を使用しているため、シックハウス症候群の原因となる「ホルムアルデヒド」を多く含む危険性があります。また、メーカーによって品質が異なります。

 

 

・無垢フローリング

 

単層フローリングとも言われ、天然木の肌触りが人気の秘訣です。木の種類によって違いますが、断熱性や保温性が高いと言われています。無垢材は「呼吸する」建材であり、健康被害なども起きません。ですが、湿度の変化で反りやすいという欠点があります。最近では、特殊な加工により縮んだ場合のすき間が目立ちにくくなるという商品もあります。

 

 

【畳】

 

日本では馴染み深い床材ですが、最近は、管理が難しい、変色が気になる、ダニアレルギーのリスクが高まる、などの理由で減少傾向にあります。しかし、布団やコタツを畳の部屋に置きたいと考える人はまだまだ多く、「和室が一部屋ない」という家族向けの住宅はそれほど多くありません。

 

なお、昔ながらの「い草畳」だけでなく、最近は「琉球畳」や「和紙畳」なども採用されています。

 

 

・琉球畳

 

九州地方で栽培される「七島イ」(しちとうい)という植物で作られる畳。湿度のコントロールができる、悪臭を防ぐ、い草よりも耐久性が強いといった特徴があります。畳の目はい草畳より細かく、縁がありません。そのため、この畳を敷かれた和室には、独特の雰囲気が生まれます。

 

気を付けたいのは、素材が違ってもこの名前で呼ばれる畳があるということ。素材に関係なく、通常の畳の半分のサイズのものをすべて「琉球畳」と呼ぶ傾向があります。本当の琉球畳を使いたいという方は、材質までしっかりと確認した上で購入を決めてください。

 

 

・和紙畳

 

畳表に和紙を使った畳のことです。い草よりも耐久性があり、圧倒的にダニやカビが発生しにくいのが特徴です。メーカーにもよりますが、和紙なのでカラーバリエーションが豊富であり、撥水加工が施されていて水分がこぼれても簡単に拭き取れるものも登場しています。

 

畳のお部屋でも、床暖房と組み合わせることができます。ただし、熱が伝わりにくいのは確かですので、パワーのある床暖房と熱に強い畳を組み合わせる必要があります。また、フローリング床暖房に薄い畳を敷くなどの方法もあります。