twitter facebook google
page top
工務店・リフォーム会社・建築家、どれを選ぶべき?

改修依頼

 

改修(リフォーム)をしようと決めたら、一体どこに依頼をすればいいのでしょうか? いろいろありますが、大きく分けると3つの方法があります。

 

 

1. 工務店に改修を依頼する

 

工務店は、住宅の工事で必要になる職人たちを手配する業者のことです。リフォーム以外の建設関連の仕事もしており、リフォームに特化しているというわけではありません。 規模の大きさは様々で、地域密着型の小さな「街の工務店」から大手まであります。そのため、「工務店だから何が良いか」ということではなく、それぞれの工務店の得意とするもの、特徴などを知る必要があります。 大手の場合は幅広いサービスがあるというメリットがあります。ご近所の工務店であれば、何かあればすぐに相談に行くことができる、ご近所の評判をリサーチしやすいなど、それぞれのメリットがあります。

 

 

2. リフォーム専門の会社に依頼する

 

「当社はリフォームを行います」と積極的にアピールし、営業も行うリフォーム専門の会社です。会社の中に設計ができる人、施工ができる人、インテリアのコーディネイトができる人などが揃っています。また、数々の改修工事を重ねているので経験も豊富ですし、さまざまな事例に強いと言えます。工務店では難しいと言われたことも、リフォーム専門会社であれば対応できる、といったことがあるかもしれません。 ハウスメーカー系、不動産販売会社系、百貨店系など、会社による系列、特色もあります。

 

 

 

3.建築家に改修を依頼する

 

よりデザインや設計力を重視したい場合、建築家のいる設計事務所に依頼する方法もあります。この場合、設計事務所が工務店を選んだり、設計事務所が指定する工務店を利用することになるでしょう。工程のチェックなどを任せることもできますが、その分価格は高めになります。

 

 

以上、工務店・リフォーム会社・建築家(建設事務所)をご紹介させていただきました。

 

あなた自身がどのような点を重視するのか、どんな改修をしたいのかにより、依頼すべきところは変わります。規模、価格、サービス力なども総合的に考えましょう。