twitter facebook google
page top
家を涼しくする改修・3つのポイントとは?

家を涼しくする改修とは?

 

冬、家の中を暖かくするのは比較的簡単ですが、夏、快適な涼しさを維持するのはなかなか大変なものです。クーラーを使って部屋の中を冷やしたとしても、すぐに室温が戻ってしまうのであれば、家の造りを見直してみる必要があります。

 

では、改修(リフォーム)によって夏でも涼しい家を実現するためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?ここでは3つのポイントをご説明します。

 

 

1.断熱、遮熱の徹底

 

天井や床、窓を断熱化し部屋の温度が上がらないようにします。加えて、太陽光を遮る『遮熱』も欠かせません。ただし、後述するように、ただ断熱化だけを意識して壁や床の構造を選ぶのではなく、室内の空気の流れや除湿がうまくいくような構造になるよう気をつける必要があります。

 

 

2.『躯体内空間』の通気性を意識する

 

床下や一階と二階とを繋ぐ空間、内壁の間に設けられた空洞などを合わせて『躯体内空間』(くたいないくうかん)と呼びます。この躯体内空間に空気が流れるようにすると壁や床の温度が一定に保たれ、場所によって家の中で温度差が生じるのを防ぐことができます。そのため、冷房の効きも良くなります。

 

 

3.壁材には、『呼吸する素材』を選ぶ

 

天井や壁に使用する材料には、木材や石膏がオススメです。これらの材料は自動的に室内の湿度を調節してくれる『呼吸する素材』なのです。真夏の嫌な蒸し暑さが軽減され、夜も気持ちよく眠りにつけるでしょう。

 

 

このように、「涼しい家」を実現するには、家の構造や材料に気をつけて改修を進めることが大切です。近年は地球温暖化が進み、省エネも叫ばれています。冷房だけに頼ることなく快適な涼しさを実現しましょう。