twitter facebook google
page top
子どもが生まれた時のための改修とは?

子どもが生まれた時のための改修とは?

 

新しい家族の誕生は、家族にとっては喜ばしいと同時に、ライフスタイルが大きく変わるきっかけでもあります。ここではこれから子どもを産む予定のある方のために、子どもと暮らしやすい住まいの改修(リフォーム)についてご紹介していきます。

 

 

1.子どもと一緒に過ごしやすい広々としたリビング、ダイニング

 

子どもが家で遊ぶ時は、目の届く範囲で遊んでほしいもの。リビングに子ども用の遊び場スペースがあれば、子どもは広い空間でのびのび遊べる上に親にとっても安心です。

 

学校に通うようになったら、勉強は子ども部屋ではなくリビングやダイニングのテーブルの上でさせるのもひとつの方法です。「せっかく勉強机を買ったのに、結局ろくに使っていない」という声もよく耳にします。

家族が集まる場所で勉強をすれば、わからない問題をお父さん、お母さんに聞くことからコミュニケーションも生まれます。静かな子ども部屋より、親がすぐそばにいる生活音に囲まれた環境の方が、子どもは勉強に集中することができます。

 

 

2.子ども部屋の造りは兄弟が生まれることも考えて

 

子どもにとっては、初めてのプライベートな空間となる子ども部屋。室内のスペースが限られていると、二段ベッドなどで兄弟を同じ部屋に住まわせることも考えなくてはなりません。しかし、子どもといえども、一人の人格を持った人間です。無理に一つの空間に入れることで、兄弟同士の喧嘩に繋がることも・・・。

 

そんな時は、仮設の壁を設置して一部屋を分割するという方法もあります。子どもにも、一人になれる時間は必要なものです。プライバシーを確保することが、個性を伸ばすことにも繋がるのです。