twitter facebook google
page top
太陽光発電導入による省エネ化改修とは?

太陽光発電導入による省エネ化改修とは?

 

CO2を出さないクリーンな発電方法として注目を集めている『太陽光発電』。住まいの省エネに繋がるとされ、一般家庭でも導入が進んでいます。

 

省エネ化改修・リフォームによって太陽光発電を導入すると、暮らしにどのような変化が起きるのでしょうか?

 

 

1.作った電気を『使う』

 

一般的に、電気料金は消費量の多い昼間は高く、夜は安く設定されています。太陽光発電を導入すれば、昼間は自宅の太陽光発電設備で作られた電気を利用できるため、割高な日中の電気料金を抑えることができます。

 

 

2.作った電気を『売る』

 

太陽光発電システムには、自宅で消費しきれず余った電気を自動的に電力会社に販売する仕組みがあります。発電した電気の買い取り料金は、『再生可能エネルギーの固定価格買取制度』によって保証されており、日中はあまり家にいない方でも太陽光発電のメリットを受けられるのです。

 

 

3.作った電気を『溜める』

 

太陽光発電の導入と合わせて、蓄電システムを設置すると便利です。蓄電システムにより、日中、太陽光によって作られた電気を一時的に溜めておき、夜、必要になった時間に利用すれば余計な電気代を削減できます。家がオール電化住宅であれば、お風呂のお湯やキッチンのIHクッキングヒーターを使うのにも利用できるため、電気料金を最小限に抑えられるようになります。

 

 

このように太陽光発電には役立つ省エネ効果がありますが、導入にはコストが掛かります。ご自身の金銭的な余裕も踏まえ、計画的な省エネ化改修を行いましょう。