twitter facebook google
page top
天井の高さを変えず、空間を広く見せる/5つのポイントとは?

天井の高さを変えず、空間を広く見せる改修とは?

 

部屋を広く見せたいけれど、天井の高さを変えるのは大変ですし、費用もかかります。

天井の高さを変えずに部屋の空間を広く見せる改修(リフォーム)工事や空間の使い方の工夫には、どのようなものがあるのでしょうか。今回、天井の高さを変えずに空間を広く見せるためのポイントを5つに分けてご紹介して行こうと思います。

 

 

1、間仕切りを撤去して、部屋を広く見せる

 

部屋同士を仕切っている間仕切りを取り去り、部屋を一体化させることによって空間を広く見せることができます。

 

 

2、壁紙やフローリングの色を変えて広く見せる

 

部屋の壁紙やフローリングの色を変えるだけでも、部屋を広く見せることができます。

濃い色よりも薄い色、鮮やかな色よりも淡い色の壁紙、フローリングを使うことで空間を広く感じることができます。

 

 

3、収納スペースを活用して広く見せる

 

部屋に物がたくさん置いてあると、部屋の空間が狭くなります。様々な色が混在することで、さらにごちゃごちゃとした印象になってしまいます。できるだけ収納スペースを利用し、物をきちんと収納しておくことで、部屋の空間を広くすることができます。

 

部屋のスペースに余裕があれば、壁際に設置するタイプの収納庫を置くのも良いでしょう。戸やふたのあるタイプの収納庫なら、すっきりとして部屋が広く見えます。改修により建て付けの家具を造るのも、限られたスペースを最大限収納に生かすことになり、非常に効果的です。

 

 

4、家具の配置を変更し、部屋を広く見せる

 

高さのある家具や、高さに統一感のない家具をたくさん置いている場合は、部屋が狭く見えてしまいます。部屋の空間を広く見せためには、低めの家具を置くようにしましょう。

 

 

5、鏡を設置する

 

部屋を広く見せる方法のひとつに、鏡を設置する方法があります。部屋に奥行がでて広く見えます。鏡に映るインテリアを考えて設置することで、部屋に開放感がうまれます。

 

 

以上、天井の高さを変えずに空間を広く見せる改修や工夫についてご紹介しました。ちょっとした工夫をするだけでも、部屋を広く見せることができます。部屋の広さを変えたいけれど、天井の高さは変えられないという場合には、ぜひ参考にしてみてください。