twitter facebook google
page top
外壁の寿命は?その4 板張り外壁の塗り替え

6046080329_e2e7c129e7

 

外壁の寿命は?その3 モルタル外壁の注意点2つ』に引き続き、外壁の素材や寿命などについてご説明します。この記事では、板張り外壁の塗り替えタイミング及び注意点をご説明します。

 

 

【板張り外壁の塗り替えのタイミングはどのくらい?】

 

板張りは他の外壁材よりメンテナンスが難しく、塗り替えの回数が多くなります。現実的には、初回の塗り替えを5年以内で一度行うのが理想です。その後、7年程度のスパンで塗り替えをしていくと良いでしょう。本来は、初回が3年、その後は5年スパンの塗り替えが理想ですが、外壁塗装に、そこまでの経済的、時間的をかけられないのが現実だからです。

 

 

【板張り外壁塗り替え時に注意する事はあるの?】

 

塗り替えの工程は、塗装面の研磨(高圧洗浄機による水洗いの代替)など→下地調整→外壁塗装となります。塗料は、木部専用塗料(キシラデコール、オスモなど)を使用し、刷毛を使った塗装を行います。下地調整に時間と手間がかかるので、施工面積が広い場合は、工期が長く、人件費も高くなる傾向にあるので注意が必要です。

 

初回の塗り替えのタイミングをうまく調整すれば、その後の塗り替え周期が少し長めになります。初回の早めの塗装で塗膜が丈夫になるためです。このようにして、少しでも経済的に外壁を管理することもできます。

 

 

外壁はいつも目に入るものなのに、じっくり確認することはまずないのではないでしょうか。まずはご自宅の「外壁」眺めてみてください。少しでも気になる個所が見られたら、お近くの工務店に相談してみましょう。外壁の状況や的確な施工時期をアドバイスしてくれますよ。