twitter facebook google
page top
吹き抜けの玄関のメリット・デメリットとは?

吹き抜けの玄関のメリット・デメリットとは?

 

 

玄関が明るければ、その家に住む家族も明るく豊かな生活を営んでいるイメージを与えます。

玄関の「明るさ」を強調するためのデザインのひとつとして、「吹き抜け」があります。

しかし、その吹き抜けにはメリット・デメリットが存在することを覚えておきましょう。

 

 

【吹き抜けの玄関、そのメリット】

 

吹き抜け構造の1番のメリットは、開放感だと言えるでしょう。

訪れる人にインパクトを与え、明るい印象を持たせます。意匠を凝らした造りになっているため、デザインもセンスよく見えます。照明に凝ってオシャレなものを使うと、なおのこと見栄えがするようになるでしょう。

また、明かり取りの窓により採光に関しても、自然光を取り入れた優しい空間にすることができます。

あまり長居する場所ではないので、空調の役目は窓やシーリングファンを取り付けることにより、インテリアと共に空気の流れをつくることができます。

 

 

【吹き抜けの玄関、そのデメリット】

 

デメリットとしてあげられるのが、吹き抜け部分の掃除です。

天井が高いということは、その分、手の届くところが少ないということです。窓を含め、照明器具など、掃除がしにくいところが多くなります。2階部分から手の届くところでしか自分で掃除をすることは難しく、吹き抜けのある大半の家庭では掃除は業者を使うことになり、その費用も考えなくてはなりません。

 

梁を活かした構造の場合は、ほこりの心配もあります。ほこりは高いところから降りてくるものです。エントランスホールがほこりっぽいと、せっかくセンスよく造られた吹き抜けの空間も台無しになってしまいます。毎日の掃除に大変気を遣うことになるでしょう。

また、照明器具の電球ひとつ変えるのにも一苦労です。

来客の多い家庭では、玄関にいる時間が長くなるので、それなりの暑さ寒さに関しては言うに事足りません。

 

このように吹き抜けの玄関は、メリットとデメリットの共存のカタチだと言えるのです。

家の全体の構造やライフスタイルと重ね合わせて、考慮しなければなりません。

「こんなはずでは・・・」という結果にならないためにも、業者との綿密な相談が必要不可欠なものになることでしょう。