twitter facebook google
page top
古民家再生リフォームとは?

古民家再生リフォームとは?

 

日本の伝統的工法で建てられ築年数が経過した古民家を、現代のライフスタイルにあわせて改修(リフォーム)する『古民家再生リフォーム』が静かな人気を集めています。そこで今回、古民家再生リフォームの基礎知識についてまとめてみました。

 

 

1.古民家再生リフォームの魅力

 

『古民家』とは、日本の伝統的な工法で建てられ築年数が経過している家のことです。中には築年数が100年以上を経過した古民家もあります。古民家の最大の魅力は、その独特の建築工法と自然の木材を使った大きな柱や梁です。

 

『古民家再生リフォーム』は、古民家の魅力を生かしつつ現代のライフスタイルにあわせた改修を行います。高い天井や大きな梁、大黒柱など、現代の建築では再現できない貴重な建築様式をもつ古民家。改修することで、既存の新築住宅では味わうことのできない快適さを手に入れることができるのです。

 

 

2.古民家再生リフォームのメリット

 

古民家再生リフォームのメリットとして、環境に優しい建材を再生して使えることが挙げられます。古民家には、シックハウスなどの原因物質を含む新建材は使われていません。古い建材を再生することで環境に優しい家造りができます。

 

また、古民家に使われている建材の強度の高さもメリットのひとつです。ヒノキやケヤキなど樹齢100年以上の部材は、200年以上は変わらない強度を有していると言われています。一般的に、古民家の大黒柱や梁などにはこれらの部材が使われていることが多く、頑丈な造りになっています。

 

 

3.古民家再生リフォームのデメリット

 

古民家再生リフォームにもデメリットはあります。それは、通常の改修より費用が割高になりがちな点です。断熱性を高める工事や、耐震基準を満たすための補強工事が必要になるからです。また、廃材の処分費用や部材の洗い作業にかかる費用も考えておかなくてはなりません。

 

 

古民家再生リフォームは、日本古来の伝統建築を現代風にアレンジして快適に住むことができます。改修費用が少し割高になることも十分に理解した上で、古民家再生リフォームを実現しましょう。