twitter facebook google
page top
冬の嫌な冷気を対策する2つの改修とは?

冬の嫌な冷気を対策する2つの改修とは?

 

「冬、部屋の温度は暖かいはずなのに、なんとなく寒さを感じる・・・」

 

そんな経験はないでしょうか?もしかしたら、寒さを感じる原因は床や窓にあるのかもしれません。それぞれ、原因と対策(どう改修・リフォームすべきか)について考えてみましょう。

 

 

1.床から感じる寒気

 

■ 原因

 

座った時に底冷えを感じるのなら、床が冷たくなっていることが原因です。夜の間に冷たい地面に温度を奪われ冷えきった床に座っては、寒く感じるのも当然。空気を暖めただけでは床には温度は伝わりません。

 

■ 対策

 

床下に断熱材を敷くなど、『床の断熱化』を行うのが有効です。床を剥がせないのなら、床の上に断熱材を敷き二重構造にする方法もあります。一番いいのは、床暖房を導入してしまうことです。

 

 

2.窓から感じる寒気

 

■ 原因

 

窓の下側から冷気が伝わってくるのを感じたら、それは『コールドドラフト現象』が原因です。『コールドドラフト現象』とは、冷えた窓ガラスに触れることで冷気となった室内の空気が、窓から床を伝わって足元に流れてくるものです。

 

■ 対策

 

空気が窓に触れても冷えないよう、『窓の断熱化』を行いましょう。市販の断熱シートで窓の下側を囲うこともできますが、全面を内窓で囲う方がより効果的です。特に冷気がきつい場合は、冷気を打ち消すための窓用ヒーターを設置することも選択肢に入ります。

 

 

空気だけでなく、床や窓などの『モノ』からも寒さは伝わってくるものです。『モノから伝わる冷気』にも注意して改修を行うことが、体感的な暖かさを実現する鍵です。