twitter facebook google
page top
住宅改修に介護保険を活用するには?

 

 

住宅改修には、介護保険を利用することができます。

まず、介護保険が適用される住宅改修の内容は以下の通りです。

 

1 手すりの取付け

2 段差の解消

3 滑りの防止および、移動の円滑化などのための床や通路の材質変更

4 引き戸への扉取替え

5 洋式便器への便器の取り替え

6 その他

 

支給限度の上限額は、原則ひとり生涯20万円までとなっています。しかし、要介護状態区分が重くなったときや、転居した場合には再び支給限度基準額が設定されます。なお、地方自治体ごとに独自の上乗せ補助を実施しているケースもあります。

 

 

次に、適用要件と申請までの流れを確認してきましょう。

 

○適用対象者 介護保険の被保険者で、要介護、要支援認定を受けた方

名称未設定-1

 

 

(2)申請書類の提出・確認段階で必要な書類は、

・事前申請用の住宅改修費支給申請書

・ 住宅改修が必要な理由書(ケアマネージャーが作成することが一般的)

・ 工事費の見積り書

・ 平面図や、住宅改修前の状況がわかる写真

 

(4)住宅改修費の支給申請・決定段階で必要な書類は、

・ 事後申請用の住宅改修費支給申請書

・ 住宅改修に要した費用にかかる領収書

・ 住宅改修後の状況がわかる書類・写真

・ 住宅の所有者の承諾書(住宅の所有者が保険の利用者と異なる場合)

・ 事前申請時に提出した書類(返却されている場合)

 

※各市区町村によって多少違いがあります。提出時には個別に各地方公共団体にご確認ください。

 

介護保険が適用できる改修は介護保険を利用し、バリアフリーで住み心地のよい改修工事を行いましょう。