twitter facebook google
page top
介護を考えた玄関の改修とは?

介護を考えた玄関の改修とは?

 

高齢化社会が進み、介護問題も深刻なものになってきました。

日本家屋の構造上、特に玄関の改修(リフォーム)においては介護問題抜きでは語ることができません。

 

 

【日本家屋の現実】

 

日本の建築基準法において、防湿の措置をしていない家屋は、1階の床の高さを45センチ以上にしなければならないという決まりがあります。床下の換気システムが充実していない時代に造られた家の玄関は、決まって段差が高くなっています。家を守るための法律が、高齢者や障害者にとって非常に生活がしにくい状況を作り上げているのです。

 

また、まだ「バリアフリー」が一般化していなかった時代の家屋は、各部屋ごとに決まって段差が付きものになっています。このちょっとした段差でも、高齢者がつまづいて転倒したりと、日常生活には常に危険が潜んでいるのです。

 

 

【介護のための玄関を考える】

 

まず、玄関の段差の対策としては、踏み台の設置があげられます。足や杖が十分に置ける大きさのものを用意しましょう。靴の脱ぎ履きがしやすいように、手すりの設置も必要です。この手すりの位置は、靴の脱ぎ履きを立ったままか、座ってするかによって変わります。状況を判断して設置しましょう。

 

 

【介護のための玄関の改修を考える】

踏み台や手すりの設置は、ちょっとしたDIYで済ますこともできますが、介護の状態によっては改修が必要になります。

玄関やアプローチのタイルはどうでしょう?滑りやすいタイルであれば、雨の日に濡れても滑りにくい凸凹柄のタイルにした方が安全です。車いすが必要な生活であれば、エントランス周りはごく緩い勾配のスロープにする必要があります。敷地の状況によりスロープが設置できない場合には、段差昇降機の設置を考えましょう。

 

和風建築の場合、玄関までの通路に砂利や飛び石を敷いてある場合があります。雰囲気はいいのですが、砂利には杖が刺さり、飛び石は歩幅に合わないとバランスを崩して転倒するといった危険な場所になってしまいます。介護を考えた場合、玄関までの通路はできる限り平らにしましょう。

家の雰囲気を損ねずに平らにする方法もありますので、業者にも相談することをおすすめします。