twitter facebook google
page top
介護を目的とする改修に利用できる補助金とは/前編

介護のための改修において補助金はあるのか?【前編】

 

介護が必要になったとき、家の改修(リフォーム)は不可欠なものとなります。手すりがある、段差が少ない、など、動きを補助する家であれば、介護される側も、介護する側も負担がぐっと減るからです。

 

この記事では、介護を目的とする場合に利用できる助成金制度をご紹介します。

 

 

【介護保険とは】

 

介護保険は、原則的に40歳以上の全ての方に加入が義務付けられているものです。社会保険や国民健康保険を支払っている間は、自動的に介護保険を支払っていることになります。年金をもらう年齢になると、各個人の年金から天引きされることになっています。

まだ制度としては新しく、2000年4月より導入されたもので、介護が必要になった人をみんなで支えるために定められた制度です。

 

 

【高齢者住宅改修費用助成制度】

 

義務付けて集められた保険金により、「高齢者住宅改修費用助成制度」が成り立っています。

これは介護のために家の改修が必要になったとき、改修費用20万円を限度として、その9割を国、地方自治体と国民がそれぞれ負担することになります。

この制度を有効に活用して、介護する側、される側共に、快適で安全な生活を送ることができるようにしましょう。

 

 

【受給対象者となる条件】

 

受給に関しての条件は以下のものになります。

● 要介護認定で「要支援・要介護」と認定されていること

● 改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること

 

改修費用の限度額は20万円までです。改修に20万円掛かればその9割、18万円の給付が受けられることになります。20万円を超える改修においては、その超過分が自己負担金となります。

 

介護を目的とする改修に利用できる補助金とは/後編」で、対象となる改修内容をお伝えします。